ロゴ

薄毛になってしまう原因

カウンセリング

男性ホルモンが髪の成長を妨げる

本来男性ホルモンであるテストステロンは、体毛の成長を促進する物質で毛を生やすには必要な物質と思われています。しかし、頭髪に対してだけは逆の働きをし、髪の成長を妨げてしまうのです。髪が抜ける量が増えると同時に新しい髪も生えづらい環境を作ってしまいます。

日常生活で抱えるストレス

体の不調を招くストレスは髪にも悪影響を及ぼします。ストレスが原因となって自律神経やホルモンのバランスを崩すと血流が悪くなり滞るようになります。重ねて消化器系が弱ると栄養を十分に取ることができず、髪に栄養素を回すことを体が後回しにしてしまい髪には栄養素がいきわたらなくなります。

不規則な生活や食習慣

髪には必須の成分とされるミネラルやビタミンが食事から十分に摂取できていないと髪の発育を妨げます。重ねて食生活が原因で頭皮が脂っぽくなると毛根にもダメージを与えます。生えている髪が抜けやすくなる上に新しい髪は生えてきにくいので薄毛の原因になってしまいます。

原因に合った治療を受けよう

原因は一つではなく複数の要素が絡み合っていることが多いです。投薬治療だけ行っても生活習慣の改善がなされなければ効果を最大限に得ることができないケースもあります。原因を取り除きながら効果的に手を打てる治療を受けるのが最適です。

育毛剤と発毛剤の違い

育毛剤は環境を整える

育毛剤の効果は髪が生えている環境を整えることにあります。あくまで髪を生やすサポートに留まるので必ず新しい髪が生えてくるとは限りません。しかし今ある髪を強くしたリ、生えやすい頭皮環境を作ったりするので薄毛対策の効果は狙えます。

発毛剤は髪を生やす

発毛剤にも育毛効果はありますが、毛が生えることに特化しているので実際に毛を生やしたいときは発毛剤を選びます。しかし、細胞に直接働きかける分、効果が強く人によって副作用が出る場合があります。使用の際は医師や薬剤師に相談できると安心です。

薄毛は治療が可能!クリニックで受けられる薄毛治療

医者

agaは専門クリニックで治療できる

遺伝や体質だからと言って諦めてしまうことはありません。最近は薄毛治療専門のクリニックがたくさんでき、しっかりと相談に乗ってくれるのでぜひ利用してみましょう。キーになるのはカウンセリングです。やたらと薬を使うことが治療ではありません。問題となる生活習慣の改善や日々のストレス軽減も原因であるならば取り組むべきです。aga治療の専門医師が症状の経過を見ながら相談に乗ってくれるので、安心して治療を進めることができます。

薄毛治療のクリニックをピックアップ☆

aga治療のことなら東京のクリニックへ☆

増毛は頭皮に負担をかけずに髪の毛が増える★

広告募集中